読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~Now or Never~

思考の吐き出し口

英語はコミュニケーションツールを超越した

最近、英語をまったく使ってない現状に

ある種の危機感を覚える。

自分の僅かなアピールポイントが消え去るのは痛い。

 

「もっと使いたい!話せるようになりたい!勉強したい!」

そう強く思うようになって、毎日少しずつ勉強してるわけだが…。

 

自分にとっての英語とは何だろう?
って考えたときにこう思った。

 

1.自分の活力になる

純粋に英語を話すのが楽しい。

2年間も海外留学しても、未だにわからないことはたくさんあるが、

成長の余地があると、もっと頑張ろうと思える。

自分が活きるためのツールである。

 

2.英語を話すときの自分は、素敵になれる。

元々、内気だった僕も、海外留学で大きく性格が変わった。

人と気兼ねなく話せるようになったし、物事に対して言動・行動が積極的になった。

「言語は単なるコミュニケーションツールではない」と真剣に思います。

言葉に備わった力は偉大だ。

 

3.多くの人と繋がれる。多くの情報に触れられる。

もちろん英語(その他言語)を上手く話せなくても、

ジェスチャーや努力さえすれば、人と繋がれる。

ただ、彼らと本心から話すためには、初歩的な英語じゃだめ。

こちらが上手く理解できなければ、相手は本音で喋れない・喋ろうと思わないだろう。

 

ちなみに、多くの人と繋がるために、主に必要なものは、

「外見・語学力・努力・ユーモア」だと思う。

それは「キチンとした身だしなみで、十分な語学力を携えて、勇気を出して話しかけ、ユーモアを使って相手を笑わせたり、信頼されるようになる」ということだ。

 

賛否両論はあるだろうが、少なくとも僕は直観的にそう感じた。 

 

さて、じゃあこれからすぐに行動するためには…。

一体何ができるのか?

  • 英語で書かれた本を読む、もしくは音読。
  • TEDTALKでLISTENING練習。コンテンツも良い。
  • 独り言(英語を使う機会を自分で作り出す)
  • 英語で話せる友達と会う(幸運なことに何名かいる)

 日本に居ながらでも、英語を学ぶ環境は全然あります。

それを有効活用しない手はないですよね。

 

 

ちなみに単純だけど、将来の展望としては、

  • 英語・他言語を使った仕事をする
  • 海外で生活する。

なんですよね。

海外生活は憧れるし、何より自分が一番イキイキできる環境なのかと思います。

 

ちなみに、
オランダ、デンマークスウェーデン、イギリス
のどこかに住みたいな。シンプルで平和で自然・人に恵まれた土地がいい。

 

「海外生活するために何が必要か」
についてはまた考えることとしよう。

 

少しずつ英語の感覚を取り戻しながら、

将来に向かって、準備を進めていこうではないか~。

頑張れ、自分。